ライフスタイル

20分でごはん!毎日のタイムチャレンジで、料理の勘と速さがUP!

Fotolia_119101830_Subscription_Monthly_M.jpg

家族の健康を守ったり貯金をしたりするためにも、自炊は欠かせません。でも、1日3食×365日も頑張るのはしんどいですよね。育児や仕事に、日々奮闘するママにとって1日1分さえとても貴重な時間です。できるだけ効率よく、調理時間を短くするにはどうすれば良いのでしょうか。そんなお悩みにオススメしたいのが、「20分でごはん」を作るタイムチャレンジです。

メディアの世界で「20分でごはん」は、もはや定番!?


早々と「20分でごはんなんて、ムリ!」と思わないでください。料理本の世界では、定番のタイトルですし、「20分で3品」「20分で4品」というメニューも豊富にあります。この20分という数字は、有名なレシピサイトの調理の目安でも定番です。NHKの料理番組では、「20分で晩ごはん」という人気コーナーがあります。とはいえ、「これまで時間なんて意識したことがない!」というママには、苦手意識を感じますよね。

始めるなら、「レシピいらずの、一汁一菜」がオススメ!


苦手意識を感じるママには、人気書籍をマネるのが簡単! カリスマ料理家の『レシピを見ないで作れるようになりましょう(著:有元葉子)』と、『一汁一菜でよいという提案(著:土井善晴)』です。タイトル通り、レシピを見ないで作れる料理(炒めるだけ、茹でるだけ)からチャレンジしてみましょう。次に、具沢山のお味噌汁(一汁)とメイン料理(一菜)だけというメニューです。2つの教えを意識して、20分でごはんを作ってみるといろいろな気づきに出会えます。

調理時間を決めるだけで、気づかなかったムダが見える?


筆者も、タイマーをセットして20分で調理をしています。1週間(7日)のうち、3日に1度は常備菜作りや下準備で20分以上かけていますので、実際は週3~4日になります。自分自身で「20分のタイムチャレンジ」を掲げると、いつしか、料理の勘や調理時の動線を楽にする工夫が磨かれます。特に、改善を重ねてキッチンの収納が取り出しやすく便利になりました。ほかにも、調味料のシンプル化、便利調理ツールの断捨離、調理鍋のコンパクト化にも繋がりました。

「20分でごはん」を作るというチャレンジのおかげで、料理を作りながら、ココにコレがあると便利!冷凍保存や下準備ならコレが楽!などの発見が増えます。特に、調理時間を短縮したい!料理のことで悩みたくない!とお困りのママは気持ちが楽になるヒントに出会えると思います。ぜひ、自分でできる時間と簡単な料理からスタートしてみてください。

PHOTO/ito maki

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事