ライフスタイル

SNSで炎上する芸能人も!? 「配膳」のルールを正しく覚えましょう!

Fotolia_199062170_Subscription_Monthly_M.jpg

タレントの木下優樹菜さん篠田麻里子さんが、自身のインスタグラムにUPした写真で、お椀とお茶碗の置き場所が反対になっていたとして炎上するなど、何かと問題になっている「配膳」問題。あなたは正しい置き方を知っていますか?


日本人なら覚えておきたい和食の配膳ルール


まずは和食の配膳から見ていきましょう。汁物を入れたお椀は手前右側に、ごはんを入れたお茶碗は手前左側に、さらにその前に、持ち手が右にくるようにしてお箸を並べるのが、基本的な配膳マナーになります。

焼き魚(頭が左に来るように皿に盛りつける)や、ハンバーグといったメインになる料理は右奥側に。煮物などの副菜は左奥、酢の物などは奥側中央に配置します。お漬物を小皿に盛って個々に供する場合は、お椀とお茶碗の中央に並べます。大皿に盛った料理は、各人がお箸を伸ばしやすい位置に並べましょう。
ただし、こうしたおかず類は、地方によってルールが変わることがあります。地方に沿った並べ方を覚えるようにするといいでしょう。

ごはんを左側に並べるのは、左側に「上位」のものを置く、という日本独特の文化から来ています。主食となるお米を大切にする気持ちから今のルールが生まれていることを、子どもたちにもしっかり伝えましょう。また、左ききの場合は逆に配膳したほうが持ちやすい・食べやすいということもあるようですが、後々に困ったりすることのないよう、正式なマナーとして覚えておきましょう。

また、日本ではお箸を横置きしますが、これには日本独特の思想が関係しています。肉、魚、野菜……人間が食べる物は、基本的には全てが「命」であることはご存知ですよね。そうした命に感謝するために、死と生との境界線である場所に箸を置き、食べる前に手を合わせて「(命を)いただきます」と感謝をしてから箸を手に取るようになったのです。

洋食や中華の配膳にもルールがあります!


パスタやステーキといった洋食を配膳する際は、メインの料理が載ったお皿を正面に据え、その左側にフォークを、右側にナイフを配置します。ナイフは刃を内側に向けておくことを忘れずに。スプーンを置く場合は、ナイフの右側に添えてください。
スープは、メイン料理の右側に。サラダはスープの奥側に配膳します。パンやライスを添える場合はメイン料理の左側に並べましょう。

中華料理や韓国料理の配膳は基本的に和食と変わりませんが、お箸をタテにして並べるのがルールです。以前は日本と同様に横に並べていた中国ですが、北方民族の侵攻が起こった900~1200年頃の間に、様々な文化が混在したことで、お箸をタテに置くようになったのだとか。ちなみに韓国では「相手に箸の先を見せるように置くのは無礼」だとされていましたが、スプーンと一緒に置く箸置きが流行したことから、近年ではタテ置きする場合も多くなってきています。

食事というのは「ただ食べればいい」「自分が満足すればいい」というものではありません。正しいルール、美しい所作で楽しむことが、あなたや家族の生活レベルを上げる一石にもなります。正しい配膳方法を覚え、誰にもバカにされない、楽しい食事を楽しんでみてください。
PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。