ファッション

運動会には「これ絶対持ってくべし!」アイテム5選

20171008102549454_500.jpg

もうすぐ秋の運動会。朝は涼しくても昼間は炎天下で暑かったり、汗をかくから意外と冷えたり……と、体温調節もなかなか難しいところ。
温度調整がしやすいように、半袖のTシャツに薄手の羽織りを重ねるスタイルを検討しているママも多いのでは? 機能性優先でコーディネートは決まったけれど、必須のサブアイテムをうっかり忘れてしまった……なんてこともあります。日焼けも日差しも気になるし……。ということで、運動会の日に絶対に持っていくべし!なアイテムをおさらいします。

①【持ち歩きバッグ】は「サコッシュ」を


20180720211017254_500.jpg

運動会といえば、頑張る我が子を必死で追いかけて撮影!というママも多いはず。子どもを追いかけ回しての撮影でも貴重品を持ち歩ける、サブバッグが必要です。オススメは軽くて体にフィットするように調整しやすい「サコッシュ」。財布やスマホ、鍵などの貴重品だけを入れておけば、観覧席から移動しても安心。

②【荷物を入れるバッグ】はガンガン詰められる「ビッグトート」が便利


20160329073238877_500.jpg

とはいえ、持っていく荷物はたくさんあります。リュック派のママも多いですが、意外にリュックってあまり入らなかったりします。汗をかいた子どもの着替えや温度調整用の羽織りも入れたいし、敷物や水筒だって入れたい……と、とにかく荷物が多い運動会の日は、入れ口が広くて気にせずガンガン入れられる、大きめのトートバッグに荷物をまとめて。

③【必携!な帽子】はアウトドアハット派とキャップ派に二分


20180603061729573_500.jpg
20180802104549112_500.jpg


日差しよけに必携な帽子。つばつきのストローハットもいいけれど、なんだか夏のバカンスみたい……ということで、運動会のシチュエーションになじむ帽子は、アウトドア用のハットかキャップ。アウトドアハットだとおばさんぽくなりそうで気になる、という人はキャップで若々しく。

④【サングラス】は、ラウンド型が人気


20180714094231964_500.jpg

こちらも必携、サングラス。マダムっぽくならないためには、サングラスのフォルムが重要。顔の半分くらいを覆う大きめのものだとどうしてもマダム感が否めないので、レンズは小さめに。トレンドのラウンド型のサングラスに変えるだけで、普通の運動会コーディネートもグンと垢抜けた仕上がりになります。

⑤【ヘアバンド】で親子競技に本気で打ち込む!


20180320113311016_500.jpg

いつもは髪の毛を下ろしているというママも、運動会当日は、気合いを入れてアップ!という人も多いのでは? とはいえ、意外とノーマークなのが前髪。前髪のあるママは思い切ってヘアバンドであげるのも一案。さらに気合いが入るだけでなく、ポイントとなってファッション的にもワンランク上に。

持ち物をもう一度おさらいして、万全なファッションとアイテムで子どもの晴れ舞台を思い切り楽しみましょう!

◆この記事を読んだあなたには【運動会の鉄板「スウェット」をパジャマ化させないコツ】もおすすめです!


出典/WEAR
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事