ファッション

運動会の鉄板「スウェット」をパジャマ化させないコツ 

20180303093958210_500.jpg

運動会を思い切り楽しむなら、最適な服装は「スウェット」。でも、パジャマみたくならない……!?というママに、上下スウェットがだらしなくみえないスタイリングのコツをご紹介します。

オールホワイトが新鮮!


20180401141543796_500.jpg

スウェットというとグレーや無難な黒を選んでしまいがち。そこで穴場のカラーはホワイト。ロゴが入ったものだとトレンド感はプラスできますが、ちょっと着こなせない……という人は無地でも十分。それよりも気をつけたいのは、シルエット。体にジャストフィットするものより、ゆったりと着られるサイズ感でこなれた着こなしに。袖に特徴のあるものだと、スタイリッシュさが期待できます。オールホワイトだと、さらに垢抜け感はプラス。

白×グレーで大人っぽい優しい雰囲気に


20180216173853494_500.jpg

スウェットアイテムをオールホワイトで着こなすのはなかなか難しいもの。白のスウェットには黒のボトムを合わせてしまいがちですが、黒ではなくグレーをチョイスするだけで、周りと差がつく着こなしに。濃い目のグレーだと、ボトムにもってきても膨張色ではないので気になりません。落ち着きと垢抜けを両立するグレーの力で、だらしなくないスタイルに。

ボトムはワイドパンツを選ぶと体型カバーに


20180308190155397_500.jpg

スウェットと合わせやすいサーマルパンツは、足にフィットするレギンスタイプだと体型カバー的に少々心配……という人も。それならワイドシルエットのサーマルパンツがオススメ。動きやすい上に、脚ラインをごまかすことができます。スマートに見せるには一番の近道です。

王道のグレー×黒。スニーカーを目立たせる


20180822190302472_500.jpg

なんだかんだいっても落ち着くカラーリングの、グレー×黒。無難といえば無難なのですが、ファッションとして楽しむのならスニーカーにこだわりを。いったん落ち着いたハイテクスニーカーブームがまた来ている兆しがあります。フレアスカートなどのレディなスタイルにも意外と合わせやすいので、一足持っていてもいいかも。ローテクスニーカーよりもハイテクスニーカーのほうがスウェットスタイルが引き締まり、だらしない印象を払拭することができます。

動きやすいスウェットは、合わせるカラーやスタイリングできちんと見せることはいくらでも可能。運動会当日は、機能もおしゃれも追求したおしゃれをしたいものです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事